占いハマりすぎ注意報

個人的な見解ですが、占いは信じすぎてはいけないのかなとは思っています。

もちろん、やってみると面白いので信じたくなる気持ちはわかります。

でもあくまで参考程度にくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

わたしも占いは好きですが、もちろん占いの結果すべてを本気にしているわけではありません。

最近はなんでも電話占いというものもあるらしいので気軽に占ってもらえそうですし、気晴らしという意味を含めて利用出来ればと思っています。

わたしの友達は占いに夢中になりすぎて、占いに多額の金額を支払っていました。

毎日のように占い師の元へ通い、金運、仕事運を中心に占ってもらっていたようです。

ものには限度があると思いますし、やっぱりわたしは気軽に利用出来そうな電話占いくらいが丁度良さそうです。

気軽に占ってもらいたい、ほどほどに占ってもらいたい、という人は電話占いを利用してみましょう。

私のおすすめは、【電話占い花ことば】っていうお店です。

占い師の先生は人数こそ少ないけど実力のある人ばかりですし、私の体験では結構当たっていると思いました。

気になったら、こちらのホームページからチェックしてみてください。

ただし、やっぱりこちらもハマりすぎに注意です。

同じ占いなので料金が発生することに違いはないですし、気を付けて利用しましょう。

それさえ気を付ければ占いというのは面白いですし、話のネタにもなりますよね。

わたしの若いころに比べれば占いの種類もたくさん増えたと思いますし。

占いの科学的要素

これまでに「占いには科学的要素が入っている」と言った説が提示されたことはありました。
ですが結果として電話占いにはっきりとした科学的な根拠がある、と認められたことはありません。

電話占いと科学との関係は今日まで解明されていない、と言ってもいいのです。
ところがそれでも電話占いを信じる人はたくさんいる為、占いはしばしばビジネスとして扱われます。

現在は占いが立派なビジネスにまで発展していると言えます。
ですが中にはそれを悪用して、所謂悪徳商法にまで利用する人もいますが、こうなるとれっきとした詐欺です。

また電話占いが霊感商法に使われることも多くなっています。
こうした犯罪に巻き込まれないようにするには、私達は電話占いが何たるものかをしっかりと正確に理解しておき、占いに対する無理解や誤った理解に付け込むこうした犯罪者に占いを悪用させないことです。

ところで現在は何処で電話占いが提供されているのでしょうか。
私達はどこで占いを目にすることができるのでしょうか。

占いの提供のされ方として、私達にとってもお馴染みである雑誌や本の他にも、占い師が直接目の前で占う対面鑑定、電話で占う電話鑑定、チャットを利用したチャット鑑定等があります。

また現在のインターネット業界の急速な発展によって、電話占いコンテンツとしてインターネットで提供されるケースも多くなっています。
なお先に霊感商法について少し触れましたが、本来占いと霊感は別のものです。

ですがどちらも運勢や未来等を直接観察できないものを判断する、という点で両者は共通しています。
そのため占い師よりも霊能者を名乗った方が営業上得策であるということで、占い師が霊能者を自称することがままあるようです。
自称霊能者に支配された561日 (廣済堂新書): 千主 ひかる

とはいえ、電話占いはほどほどに楽しむ程度にしておきましょう。

あまり電話占いに頼りすぎると占いがいつでも正しいという錯覚に陥り、逆に自己での判断ができなくなる恐れがあるので気をつけましょう。